テコンドーの代表格「キョルギ」


2015 WTF 世界選手権で優勝を決める濱田真由選手 (右)
 

テコンドーの代表的なスパーリング種目 キョルギ (漢字表記:競技、英語表記:Gyeorugi) は、空手とキックボクシングをミックスしたようなスポーツ性の高いフルコンタクト制の格闘技で、特に足技 (あしわざ) を重視します。オリンピックでは男女とも体重別の4階級に分かれており、試合時間内に獲得したポイント数によって勝敗を決めます。
試合では道着の上に、危険防止のため胴プロテクターやヘッドギアなどのプロテクターを装着します。相手プロテクターへの攻撃がクリーンヒットすることでポイントとなります。

試合時間と勝敗


試合時間は、2分×3ラウンド・インターバル1分です (公式ルール)。
試合の勝敗は、技の種類により決められたポイントを多く獲得した選手が勝利するポイント制です。反則によりペナルティ (相手選手への加点) が与えられることもあります。また、攻撃し倒れた相手が10カウント以内にファイティングポーズを取れない場合 (KO) や、相手のセコンドが試合を中止させた (TKO) 場合も勝利となります。
3ラウンド終了時点で同点の場合は、ゴールデンポイントラウンドに進みます。時間内に1点でも先取した選手が勝ちとなります。ゴールデンポイントラウンド終了時にもポイントが入らない場合は、主審のジャッジにより勝敗が決まります。

ポイントになる部位


攻撃は、胴体および頭部に装着する胴プロテクターおよびヘッドギアに対してのみ可能で、それ以外 (体の後面・下段) への攻撃は厳しく禁止されています。攻撃は胴体へはパンチと蹴りの両方、頭部は蹴りのみが可能です。
オリンピックなどの国際大会や国内の主要大会では、電子胴プロテクター (PSS) および電子ヘッドギアを使用します。技術の有効性・打撃の強さ・打撃部位の適正は、電子プロテクターによって判定されます。
電子防具で技の難易度が判別できないケースでは、副審が判定機で技の難易度毎の加点を行います。

胴プロテクターへの有効な攻撃 1点
胴プロテクターへの有効な回転蹴り 3点
頭部得点部位への有効な蹴り技 3点
頭部得点部位への有効な回転蹴り 4点
相手選手が2回警告または1回の減点宣言を受けることで得られるポイント 1点

※ WTF ではビデオリプレー判定を推進しており、今後の国内大会でも採用を進めています。

勝利の種類


  1. 3ラウンド終了時の得点差 (PTF)
  2. 第2ラウンド終了時点または第3ラウンド中で12点以上の差が開いた (PTG)
  3. ゴールデンポイントラウンドでの1点以上の先取 (GDP)
  4. ゴールデンポイントラウンド終了後も同点の場合の優勢判定 (SUP) 
  5. 反則が累積5点となり相手選手が失格 (DSQ)
  6. 相手選手棄権による不戦勝 (WDR) 

反 則


 禁止行為に対するペナルティは、主審が宣言します。ペナルティはキョンゴ (警告) とカムチョン (減点) に分類されます。キョンゴ(警告) 2回で相手選手の加点1となります。ただし、最終奇数番目のキョンゴ (警告) は総得点には加算されません。カムチョン (減点) は相手の加点1となります。
選手が10回のキョンゴ (警告) または5回のカムチョン (減点) を試合中に受けたり、キョンゴ (警告) とカムチョン (減点) を合わせて合計がマイナス5ポイントに達した時点で、主審はその選手を敗者として宣言します。キョンゴ (警告) とカムチョン (減点) は3ラウンドの総得点に随時加算されます。

警告(キョンゴ)

キョンゴ 1回 -0.5 点
(奇数回は数えない)
キョンゴ 2回 相手の加点1
キョンゴ 10回
またはカムチョン (減点) とキョンゴ (警告) の合計が5ポイント
失格
(DSQ)

境界線を両足が越え場外に出る 戦わず後退したり回り込んで逃げる
相手を抱かかえる(クリンチでおさえる) 倒れる行為
陰部への攻撃 手や腕・体などで押す
下段攻撃や足を踏む 背中を見せて戦わない
痛みを誇張し偽る 手で顔面を攻撃する(ダメージの比較的少ない場合)
相手をつかむ 膝や頭突きでの攻撃
競技者もしくはコーチによる競技進行妨害  

 

減点(カムチョン)

カムチョン (減点) 相手の加点1
カムチョン5回
またはカムチョンとキョンゴの合計が5ポイント
失格
(DSQ)

相手をつかんで投げる、
または突き飛ばす
主審が注意して1分間従わなかった場合、
負けを宣告できる
選手又はコーチによる不品行な
言動や競技の進行を妨害した場合
手により相手の顔面を故意に攻撃する
(ダメージが大きい場合)
止め (カルリョ) がかかってからの
攻撃や倒れた相手への攻撃